乳酸菌 サプリ ビフィズス菌

乳酸菌サプリとビフィズス菌

乳酸菌サプリ

ヨーグルトに含まれていることでもお馴染みのビフィズス菌は、乳酸菌の一種です。

 

ただ、場合によっては乳酸菌とビフィズス菌を分けて考えることもあります。

 

多くの乳酸菌サプリにはビフィズス菌が配合されていますが、ここでは乳酸菌とビフィズス菌の違いを見ていきましょう。

 

乳酸菌

乳酸菌は、サーモフィルス菌やブルガリア菌、ラムノーザス菌、カゼイ菌、ガセリ菌を総称した呼び方です。

 

サーモフィルス菌にはブルガリア菌の増殖に必要とされる蟻酸を作る働きが、ブルガリア菌にはサーモフィルス菌の増殖に必要とされるアミノ酸を生成する働きがあるといわれています。

 

また、ラムノーザス菌が胃酸や胆汁に強いという性質を持っていますので、腸まで到達し、腸内バランスを整えてくれるでしょう。

 

カゼイ菌は小腸で増える乳酸菌の一種、ガセリ菌は人間の腸に常に存在している乳酸菌のひとつとなっています。

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、ビフィダム菌やロングム菌、アドレスセンティス菌、ブレーベ菌の総称です。

 

ビフィダム菌はビフィズス菌として初めて発見された菌、ロングム菌は善玉菌を増やしながら悪玉菌を減らす菌、アドレスセンティスは腸内でビタミンを作り出す菌、ブレーベは乳児の腸に存在しているビフィズス菌となっています。

 

 

乳酸菌サプリを選ぶうえで、これらのビフィズス菌や乳酸菌について知っておく必要は特にないと思われますが、基本的な知識としておさえておくと良いでしょう。