乳酸菌 サプリ 副作用

乳酸菌サプリの副作用

乳酸菌サプリ

乳酸菌は人間の体内にある成分ですので、基本的に乳酸菌サプリを摂取しても副作用が出るということはありません。

 

逆に、健康を維持するためには日頃から乳酸菌サプリを摂取したほうが良いといえるでしょう。

 

ただし、乳酸菌サプリに副作用がないとはいえ、以下の場合に注意してください。

 

過剰に摂取しない

乳酸菌サプリを過剰に摂取した場合、下痢や腹痛などの症状を引き起こしてしまう可能性があります。

 

牛乳を大量に飲んだら下痢になるという方も多いと思いますが、これは乳酸菌の過剰摂取によるものだといえるでしょう。

 

乳酸菌サプリのパッケージには目安となる摂取量が記載されていますので、量を守って摂取するように心がけてください。

 

乳製品アレルギーを持っている

乳製品アレルギーを持っている方の場合、乳酸菌サプリを摂取することでアレルギーが発症してしまう恐れがありますので十分注意しなければなりません。

 

乳製品アレルギーを持っている方は、植物性の乳酸菌が使用されている乳酸菌サプリを選ぶと良いでしょう。

 

植物性の乳酸菌なら、乳製品アレルギーを持っている方でも副作用が表れることはありませんので、安心して摂取することができます。

 

免疫抑制剤を服用している

免疫抑制剤を服用している方の場合、乳酸菌サプリの摂取は控えたほうが良いといわれています。

 

なぜなら、乳酸菌サプリには免疫力を高める効果が期待できるためです。

 

免疫抑制剤を服用している方は、必ず医師に相談して乳酸菌サプリの使用可否を決めてください。