乳酸菌 サプリ 温度

乳酸菌サプリの温度

乳酸菌は、温度管理が非常に重要です。

 

温度によってはせっかくの乳酸菌が死滅してしまう恐れがありますので、乳酸菌サプリの保管にも注意したほうが良いでしょう。

 

乳酸菌は40度までなら生き続けることができるといわれています。

 

乳酸菌にはたくさんの種類がありますが、ほとんどの乳酸菌は温度が40度以上になると死滅してしまうといわれていますので、40度以下で保管するように心がけてください。

 

乳酸菌が温度60度以上の環境に置かれた場合は約30分、100度以上の環境に置かれた場合は数秒で死滅してしまうとされています。

 

また、温度が低すぎる場合は、乳酸菌が死滅してしまうことはありません。

 

ただし、乳酸菌の活動が停止してしまいますので、やはり乳酸菌サプリは常温で保管しておいたほうが賢明でしょう。

 

ちなみに、低い温度が原因で活動が停止した場合、温度が高くなると再度活動を始めます。

 

死滅した乳酸菌も健康をサポート

乳酸菌は高い温度で死滅してしまうという特徴がありますが、死滅した乳酸菌も健康サポート効果が期待できます。

 

ただし、生きた乳酸菌のほうが高い健康効果が期待できるといわれていますので、やはり乳酸菌サプリの温度管理は徹底したほうが良いでしょう。

 

ヨーグルトで乳酸菌を摂る場合は、常温保存しないようにしてください。

 

ヨーグルトは常温保存では腐りやすくなってしまいますので、冷蔵庫で保管することがポイントとなります。

 

乳酸菌サプリやヨーグルトなどの保管方法については、パッケージに記載されている内容を守りましょう。