乳酸菌 サプリ ピロリ菌

乳酸菌サプリとピロリ菌

ピロリ菌という名前を聞いたことがあるという方は多いと思いますが、多くの方はピロリ菌が人体にどのような悪影響をもたらすのかご存知ないかもしれません。

 

ピロリ菌には胃壁を傷つける作用があるため、胃炎をはじめ胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ガンなどの病気が引き起こされてしまうのです。

 

ピロリ菌は胃酸に強く、乳酸菌サプリを摂取してもピロリ菌対策にならない場合もあります。

 

なぜなら、乳酸菌は基本的に胃酸に弱いからです。

 

ただし、すべての乳酸菌が胃酸に弱いというわけではありません。

 

胃酸に強い乳酸菌サプリを摂取すれば、ピロリ菌対策として効果が期待できるでしょう。

 

乳酸菌は動物性と植物性とがありますが、植物性の乳酸菌は胃酸に強いといわれています。

 

したがって、植物性の乳酸菌サプリならピロリ菌対策として効果が期待できるのです。

 

ちなみに、L21という乳酸菌は特にピロリ菌に対する殺菌効果が高い考えられています。

 

乳酸菌サプリと併用したいピロリ菌対策

日本人の約半分がピロリ菌に感染しているといわれています。

 

したがって、まずは自分の体内にピロリ菌が存在しているのか確認するために検査を受けると良いでしょう。

 

ピロリ菌を除去するためには、乳酸菌サプリと併せてブロッコリースプラウト、つまりブロッコリーの新芽を食べると良いかもしれません。

 

ブロッコリースプラウトにはスルフォラファンという物質が含まれており、このスルフォラファンを摂取した場合はピロリ菌の活性が60〜60%程度落ちるという報告があがっているようです。