乳酸菌 サプリ 作用

乳酸菌サプリの作用

乳酸菌サプリ

乳酸菌サプリの作用として一般的に知られているのは、腸内環境を整えるということです。

 

乳酸菌にもいろんな種類がありますが、ほとんどの乳酸菌は腸内の環境を整える作用があるという点で共通しています。

 

人間の腸内には100種類から500種類もの細菌が存在していると言われており、その腸内細菌は「善玉菌」と「悪玉菌」の2種類に分けられるということはほとんどの方がご存知でしょう。

 

悪玉菌は人間の健康に良い影響を及ぼすものではありません。

 

腸は人間の免疫の大部分を司っていると言われているため、腸内の悪玉菌が増殖すると免疫力が低下し、さまざまな病気を引き起こしてしまう可能性があります。

 

善玉菌にはこの悪玉菌が増殖するのを抑制する作用がありますので、免疫力を正常に保ち、健康をサポートするというわけです。

 

また、乳酸菌を摂取すれば、花粉症やアトピー、ガンの予防や改善、コレステロール値や高血圧を改善する作用などが期待できるでしょう。

 

乳酸菌サプリの悪い作用

乳酸菌は人間の体内にある細菌であるため、基本的に悪い作用はありません。

 

ただし、乳酸菌サプリを摂取する場合、過剰摂取に注意したほうが良いでしょう。

 

乳酸菌サプリを過剰摂取すると、下痢や腹痛などの症状を誘発してしまう恐れがありますので、必ず目安量をお守りください。

 

また、乳酸菌の原材料にも目を向けたほうが良いかもしれません。

 

牛乳アレルギーを持っている方が乳酸菌サプリを摂取した場合、アレルギー症状を引き起こしてしまう恐れがあります。

 

もし牛乳アレルギーを持っているようなら、植物性の乳酸菌を使用しているサプリを選ぶと良いでしょう。