乳酸菌 サプリ 摂取量

乳酸菌の摂取量

乳酸菌の摂取量については特に定められていませんが、ヨーグルトにすると一日あたり300mg程度を食べると良いといわれています。

 

ご飯茶碗にすると約1杯分を毎日食べなければなりませんので、なかなか難しいかもしれません。

 

しかも、乳酸菌には胃酸に弱いという弱点があるため、ヨーグルトで摂取した乳酸菌がすべて腸に届くというわけではないのです。

 

したがって、乳酸菌を効率的に摂取するなら乳酸菌サプリを利用したほうが良いでしょう。

 

多くの乳酸菌サプリは乳酸菌が腸まで届くように作られていますので、十分な量を吸収できると考えられます。

 

乳酸菌の摂取量が不足すると

乳酸菌の摂取量が不足すると、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまいます。

 

なぜなら、善玉菌より悪玉菌のほうがはるかに生命力が強いためです。

 

腸内で悪玉菌が増殖すると、栄養素の吸収が低下するなどの悪影響がもたらされてしまいます。

 

さらに、腸は人間の免疫力を司っている機関でもありますので、免疫力の低下などの引き起こされてしまいかねません。

 

また、年齢を重ねるにしたがって腸も衰えてしまうため、健康をキープするためには外部から乳酸菌を摂取することが大切なのです。

 

上記で説明したように、乳酸菌サプリは腸まで届くように作られており、善玉菌と悪玉菌のバランス維持には大変効果的だと言われています。

 

また、乳酸菌サプリなら手軽に摂取することができますので、ぜひ毎日の健康にお役立てください。