乳酸菌 サプリ 種類

乳酸菌サプリの種類

乳酸菌サプリを購入する前に、まずは乳酸菌にはいろんな種類があるということを知っておいたほうが良いでしょう。

 

ここでは乳酸菌サプリに含まれている乳酸菌の種類を一部紹介したいと思います。

 

ビフィズス菌

乳酸菌の代表格といえば、やはりビフィズス菌ではないでしょうか。

 

ビフィズス菌には糖を分解し、腸内環境を整える働きがあります。

 

ちなみに、乳酸菌は母乳にも多く含まれており、赤ちゃんは母乳で乳酸菌を摂取することによって免疫力を高めていると考えられているようです。

 

そのため、最近では乳酸菌サプリだけでなく、赤ちゃん用の粉ミルクなどにも乳酸菌を含むものが販売されています。

 

ヤクルト菌

ヤクルト菌には他の乳酸菌とは大きな違いがあります。

 

その違いとは、酸に強いということです。

 

したがって、胃酸の影響をほとんど受けることがありませんので、腸まで届きやすい乳酸菌となっています。

 

ちなみに、ヤクルト菌の正式名称は「ラクトバチルス属カゼイ・シロタ株」です。

 

KW乳酸菌

KW乳酸菌は、サプリや食品の販売でお馴染みのキリングループが発見した乳酸菌です。

 

アレルギー症状や花粉症を抑制する効果が期待できるとされています。

 

また、副作用がほとんどないということから、KW乳酸菌配合のサプリが大きな注目を集めているようです。

 

LG21

LG21にはピロリ菌を撃退する働きがあるということが発見され、大きな話題となっています。

 

最近ではLG21を配合した乳酸菌サプリやヨーグルトが高い人気を獲得しているようです。